2017年7月1日土曜日

90年代競馬を愛でる会 〜ユーワアトラス〜

 突然ですが、「90年代競馬を愛でる会」というカテゴリーを新設いたしましたw

 将棋界では藤井四段の連勝が29まで伸び、連日ニュースになっています。なんでも、1/2を29乗すると、536,870,912という数字になるそうで、およそ5億3,000万分の1の確率の偉業を達成したとのこと。途方もなさすぎて想像がつかないですよね。

 競馬の世界でも、ニュースになるぐらいの連勝を成し遂げた馬がいます。3冠馬ではディープインパクト、シンボリルドルフ。ついぞ負けることのなかったマルゼンスキー、フジキセキ、アグネスタキオン。海外ではフランケル、ブラックキャビア、ラムタラ・・・いや、きら星のごとき名前が並びます。

 ここで連勝馬の本質について考えてみたいのですが、彼らが記憶に残る理由は何でしょう。

 もちろん1着が並んだ記録の美しさもあるでしょうが、むしろ「一体どこまで強いんだ」、つまり「自分が見ているこの馬は、途方もなく強いんじゃないか」という、武者震いすら誘うような思いに駆られるところが大きいのではないでしょうか。歴史的な瞬間に立ち会うというか。

 前置きが長くなりましたが、「一体どこまで強いんだ」と思わせてくれた馬を、90年代競馬から一頭ピックアップしたいと思います。ユーワアトラスという馬です。

 このユーワアトラスですが、生涯の人気、着順はこんな感じです。

すいぞう「こいつをどう思う?」
まつり崎「1が・・・棒が、硬そうな棒が沢山並んでいます」
すいぞう「そう。生涯を通じほぼ1番人気。そして、着順もほぼ馬券圏内」
まつり崎「強かったんですね」
すいぞう「だが!このユーワアトラスの本質、強さはこんな数字じゃ語れないのだよ」
まつり崎「!!」
すいぞう「次の画像を見てくれ」

すいぞう「こいつをどう思う?」
まつり崎「斤量、距離、タイム、着差・・・ファッ!?着差1.6秒? 2.0秒?・・・2.7秒!? すごく、すごく(タイム差が)大きいです」
すいぞう「ああ。2着馬がゴールするまで、まばたきがパンパンできるぜ・・・」

 というわけで、まつり崎さんのコメントにもあったとおり、この馬は1991年の3月〜翌年の1月まで、凄まじい着差で勝ち続けたのですね。500万下の2.7秒を皮切りに、2.0秒、1.6秒をつけて900万を勝ち上がります。競馬ブックや競馬四季報(ちなみに当時は競馬盤?というCD-ROMも出ていた。私はそっちも持っていました)を眺めては、一体どこまで強いのだろう、ナリタハヤブサよりもこの馬が強いのではないか、と、若者特有の未来妄想に浸り、なぜ世間はこのタレントに注目しないのだろう・・・と、一人ため息をついていました。「馬場?猪木?は?道場破りが来たら木戸が相手するって知らないの?ガチれば木戸が一番強いんだよ」みたいな。いわゆる中二病ですな。まあ実際当時中学生だったわけですが。

 とはいえ、現実は中学生の思い描くようにはいかず、そのあとユーワアトラスは長期休養に入り、結局1500万条件を勝ち上がることなく引退してしまいます。ただ、負けた相手もコクがある馬たちで、たとえば秋嶺Sを勝ったトウショウフリートはガチで天才肌の馬でした。だって、長期休養明けの芝レースでマイスタージンガーを破ったり、パラダイスステークスではニホンピロラックを楽々5馬身突き放したり・・・。これも「一体どこまで強いんだ」と思わせてくれる馬でした。
 あるいはテレビ静岡賞で先着された馬は、若い人たちも名前を聞いたことがあるかもしれないチェリーコウマンです。や、若い人たちはコウマンという言葉に何も感じないか。あれはビーバップハイスクールの流れかな・・・。

 ちなみに「ユーワ」は当時の一口クラブでして、現在の東京ホースレーシングの前身になります。当時の競馬ブックにはユーワビーム、そしてこのユーワアトラスでポジった広告がよく掲載されていました。誰が入るんだと思っていましたが。ついでに同じ頃(少し後ですが)のキャロットはポジーぐらいしか活躍馬がおらず、これまた誰が入るんだとバカにしきっていました。時が流れ、どちらも一口界のビッグクラブに成長しました。栄枯盛衰ですね。

 ・・・と、風呂に入っていて急にユーワアトラスという馬を思い出したので、書きなぐってみました。結果、自分が年を取ったと再認識しただけでした・・・(泣)

2017年6月27日火曜日

再会。

 とある馬に再会してきました。

 場所は大井競馬場。実は職場から20分で行けることに気づいてしまったので、そのうち私が「美味しんぼ」の山岡さんになる日も近いかもしれません。

 大井競馬場は新スタンド造設中。小洒落たガラス張りになるようです。

 とはいえ、自分的には古い建物のほうが風情あって好きだなあ、と。

 さて、お待たせしました。いよいよ再会の時です。お久しぶりです!パヴォーネさん!( ;∀;)

 大井に転入してから付け始めたチークピーシーズ。


  手堅く上位には来る(ただし馬券になるとは言ってない)馬なので、今回も人気です。ちなみに少頭数(8頭立て)。馬体重は相変わらず重いですが、パドックでは細身に見えました。ただ胸前はゴツくなったなと。レース名は薄暑特別という名前。あまり使わない言葉ですよね、薄暑。

 なかなか目線バッチリの写真は撮れなかったのですが、結構こちらを気にするように見てくれていました( ;∀;) ああ覚えていてくれたのかい、無能名付け親ことワイを・・・と感動しましたが、よく考えるとパドックでパヴォーネを撮っているのが一人どころか、パドックで写真を撮っているのも一人。パシャパシャ連射の音が閑散としたパドックに響けば、まあ見るわなとw

  偶然にもワイの前で騎乗命令が。

 矢野騎手。矢野って感じの顔でした。



 パドック総評ですが、前走のような馬っ気を出すこともなく、まあ細身には見えれど、他馬もさほど大したことはなさそうで、勝てるんじゃないかと思ってました。

 続いて本馬場入場。撮っているの、ほぼワイ一人。

 この気合乗り!来た!孔雀(パヴォーネ)モード来た!



  キラキラしたゴール板を通過。ここだけプリクラ感が。

 とはいえレースはキラキラしているわけもなく、雨上がりのダート。肉眼でも泥が飛んでいるのが分かります。ふとスマホを見たところ、馬糞のかけらがついてて仰天しました。結構飛んで来るんですかねえ。

 これはスタート。1600mなので、スタンド前発走でした。

  最後の直線!行け!パヴォーネ!!

 翔べ!(孔雀だけに

 翔ばないんだな、これが(孔雀だけに

 や、森福とか成瀬の意味での飛翔なら、翔んでいるのか・・・。

 そんなわけで、パヴォーネは4着。4角で外を回したものの、手応えはちょっと怪しそうでした。瞬発力がないタイプなので、やはり前々で粘らないと厳しいんだなあと。レース動画はコチラ

 なお勝った馬は「リレミト」という名前。パヴォーネも早くダンジョンから抜け出せればいいね、そしてワイも人生という名のダンジョンを抜けたいなと思いました(泣)


 まとめとして、久しぶりにパヴォーネに会えて良かったというか、久しぶりにその姿を見た時、自分でも意外だったのですが、感傷的な思いに囚われました。資本的にも関係ないし、相手が自分を覚えているわけもないというのに、こういう感情になるとは。結果は出なかったけれど、行って良かったと思えました。

(というかパヴォーネの記事大杉内・・・パヴォーネブログになってるじゃねえか・・・)

2017年6月23日金曜日

社台サンデー 2015 人気馬とその後

 さて、来週の金曜日には社台・サンデー・G1の2017年度募集の最終人気が出るわけで、最後まで票読みに追われていた方もいらっしゃったかと察します。

 しかし、人気上位馬が必ず活躍するかというとそういうわけでもなく・・・的な統計を取った記事を、以前に上げていたような記憶があるので、その2015年バージョンを作ってみました。(回収率の数字は2017年6月23日現在)

 【社台】
募集番号 馬名 人気 一口価格 回収率
48 ルーズベルトゲーム 87票 125万 22%
42 ソウルスターリング 83票 150万 462%
74 サンジェルヴェ 83票 35万 13%
53 ディヴァインハイツ  82票 100万 18%
55 アレススピアー 78票 100万 0%
87 ムーンシュトラール 77票 175万 0%
40 インペリアルフィズ  76票 75万 3%
56 ゴールドヘリテージ 67票 150万 0%
11 ザイエーデル 66票 60万 0%
47 エレクトロニカ 66票 100万 16%
44 トルネードアレイ 63票 200万 4%
19 ヘヴントゥナイト 55票 150万 3%
30 ヴォルフトーン 52票 60万 29%
59 ジャーミネイト 40+票 80万 36%
61 バーボネラ 40+票 60万 0%
62 グラットシエル 40+票 45万 125%
 

 【サンデー】
募集番号 馬名 人気 一口価格 回収率
122 シャープシューター 156票 45万 16%
145 カデナダムール 148票 125万 3%
105 フローレスマジック 135票 150万 70%
166 ダンビュライト 131票 90万 202%
121 ラボーナ 122票 125万 16%
147 コロナシオン 117票 175万 16%
172 ジューヌエコール 109票 50万 544%
144 ベルダム 107票 200万 0%
146 ヴァナヘイム 107票 200万 33%
151 リナーテ 99票 100万 18%
167 アレラーモ 93票 40万 43%
153 オルファン 90票 125万 0%
148 クリデュクール 89票 100万 12%
108 パガットケーブ 88票 90万 16%
104 アルミレーナ 79票 125万 30%
143 アルアイン 78票 250万 203%
155 ノルナゲスト 78票 80万 2%
125 コリエドール 77票 100万 18%
126 アンティノウス 77票 90万 39%
163 マーヴェルズ 77票 60万 24%
180 ミスパッション 73票 35万 5%
102 ヘリファルテ 68票 300万 10%
112 イタリアンホワイト 65票 60万 33%
110 フェアリーフォート 64票 50万 0%
156 アルテーロ 61票 40万 43%
135 プライマルフェア 57票 45万 0%
161 クレオス 56票 90万 2%
162 オルトロス  54票 90万 12%
116 デアレガーロ 40+票 50万 71%
117 フルオブライフ 40+票 50万 10%
139 スターストラック 40+票 40万 90%
160 メジャースケール 40+票 100万 0%
168 スプレンダークラン 40+票 65万 0%
179 シャムシエル 40+票 45万 0%
181 スムーズジャズ  40+票 35万 0%
184 ミスエルテ 40+票 100万 119%
 


 うーん、やはり突出しているソウルスターリング。そしてアルアイン、回収率では一番のジューヌエコール。

 ちなみに、もし上記馬52頭を全て一口ずつ取った場合、馬代と獲得賞金のシンプルな見合いで、回収率はプラスになるでしょうか。 考えてみてください。





 ・・・・。





 なるんだな、これが(ニッコリ

 一口馬主DBに上記52頭を全てぶち込むと、回収率はおよそ132%と出ます。私は毎年この上位人気馬というのをバカにしていたのですが、3歳6月時点で回収率132%というのは恐ろしい数字だと思います。参りました。

 ちなみにソウルスターリングが消えると97%。アルアイン、ジューヌエコールもいないと59%ぐらい。ざっくり計算で賞金総額10億のうち、この3頭が6割稼いでいました。

 なので、馬単位での回収率の平均値は47%、中央値を取ると16%と、中々心もとない数字になってきます。私がバカにしていた感はたぶん中央値から来る感覚から来ていたのかもしれません。なお社台だけの中央値は9%でした。ヤバい。

 他では、ざっと見た感じ、サンデーの安馬(under50万円)で、ランキング下方に入っている馬の不振が目立ちます。これは「このぐらいの馬ならサンデーでも取れるんじゃね?」という「でもしか票」が入った結果でしょうか。

 一方で社台のランキングにギリギリ入ったグラットシエルは回収率125%を叩き出しております。社台で安馬なんて無風で取れる可能性が高いわけで、あえての安馬票が増えているのであれば、相応に良い馬ということなのかもしれません。


 ・・・などと、久々に一口馬主ブログらしい記事を書いてしまったので、蕁麻疹が出そうです。おやすみなさい。週末はらじニキの連敗記録が止まりますようにお祈り申し上げます・・。

2017年6月21日水曜日

G1・社台・サンデー 募集馬レビューのお知らせ

 そんなわけで社台サンデーの募集締め切りが明日(郵送は本日)となっているわけですが、このタイミングでレビューを掲載してみたいと思います。しかも有料でw


 けいぱら有料レビューの特徴

 ・適当に作っているよ!
 ・主観だけだよ!
 ・だから安いよ!(100円=設定できる最低価格)
 ・キャプチャ画像がたくさん載っているよ!(立ち+後ろ足のストレッチ画像二枚)

 いや、レビューってその人の評価に従って出資するわけないじゃないですか。むしろ結果が出始めた頃に「この人はどう評価してたんやろか?ほーん」と戯れに検索してみるぐらいがせいぜいで。

 なので、その馬についてどう思ったかというのは最低限に、資料にもなりうる画像を中心としました。翌翌年度募集とかで役に立つのではないでしょうか。

 社台TC 関東馬レビュー
 社台TC 関西馬レビュー

 サンデーTC 関東馬レビュー
 サンデーTC 関西馬レビュー

 G1については短評も結構書いてしまったので、全部無料にしましたw

 G1TC 関東馬レビュー
 G1TC 関西馬レビュー


 で、結果として何を選んだかというと・・・それは5,000円の記事で公開することにします♡

2017年6月18日日曜日

アイドル現場参戦記。

 足繁く通っていたアイドル現場から距離を置くことを、かの業界では「他界」などと表現されています。そういう意味では自分は一口馬主の世界から「他界」していたのかもしれません。

 しかし、アイドル業界においては「俺他界するから(キリッ」と宣言した人間が、舌の根も乾かぬうちに舞い戻ってきて、だらしない顔でチェキを撮っているのは良くあること。

 そんなわけで、恥ずかしながら私も戻ってきました。そう、アルジャンテというアイドルの元へ!!

 か、可愛い・・・(*ノェノ)

 あ、これは京王線側にあるよく分からない「金の馬像」でした・・・スミマセンスミマセン・・・。というか、首長くないですかこれ。フタバスズキリュウか。ピー助か。

 そんなわけで、某ぐりぐり君の愛馬デビュー戦に間に合わなかった店員Oさんは、目でピーナツを食べなければなりません。私も間に合いませんでしたが、ドラえもん体型に近づいている某まつりニキに「目でピーナッツかみき」を出してもらうことにします。

  あ、話が逸れていました・・・すんませんすんません・・・。さあアルジャンテ、出てこいや!

 俺が生まれてきた理由!

 それはアルジャンに出会うため!

  俺と一緒に人生歩もう!

 世界で一番愛してる!あ・い・し・て・・・って、その一緒に写ってる男、誰!?

 最後の写真は動揺して手ブレしてしまいました・・・。

アル「皆さん、いっぱい応援してくださって本当にありがとうございます!」
ワイ「よく頑張った!」
アル「3着、1番嬉しいです!皆さんと一緒に過ごした骨瘤治療期間中、とってもとっても楽しかったです!」
ワイ「オレモー!楽しかった!!」
アル「私は、馬として足りない部分がたくさんあって、そんな中でこのクラブで皆さんに会って、たくさん人の愛に触れて、私が言っちゃいけないことばっかりなんですけど、阿部社長をはじめスタッフさんはいつも助けてくださって」
ワイ「うんうん」
アル「一緒に青春してくれた出資者メンバーのみんなも本当に優しくて、そんな大好きな皆さんに囲まれて、私は人の愛を知って、初めて人を好きになることが出来ました」
ワイ「ん・・・?今なんて」
アル「私、尾関厩舎のアルジャンテは結婚します」
ワイ「ファッ!?」
アル「すごくふざけているように聞こえるかもしれませんが、私はいつも本気で、皆さんも本気で応援してくださっていて、たくさんの夢を一緒に叶えてきてくれました。私は本当にこんなに好きになれる人に出会えました。私は今までのアイドル人生に1点の曇もなく、偽りもなく、本当に本当に皆さんのことをアイドルアルジャンテとしてではなく、1人の人間として大好きでした。だからこれから私が結婚するっていう気持ちも本気です。皆さん今まで本当にありがとうございました。3着嬉しいです!本当にありがとうございます!私は至って本気です」
ワイ「(目を半開きにして、弛緩した口からヨダレを垂らしている)」

 そういう夢を見ました。

 いや自分が推しているアイドルが恋愛騒動に巻き込まれたり、昨日の須藤何とかさんみたいに結婚を発表するのを競馬で例えるとどんな気持ちなのだろうなと考えていたのですが「自分の出資馬に秋山真一郎の騎乗が発表された気持ち」と考えると非常にしっくり来ました。本当にありがとうございました。

 それはともかく、昨日はまつりニキ、店員Oさん、幼馴染のGさん、Sニキ、Zネキ(ガチでアイドルのようで思わずチェキを撮りたくなりました)とシルク馬のレースを観戦できて楽しかったです。ありがとうございました。

 その後、ワイとまつりニキは赤坂ラウンジに繰り出し、阿部社長やスタッフに募集馬について色々と質問。ここでは書けないような情報(主に美味い焼肉屋について)を仕入れたのでした。

 総選挙のことなど話しつつ、足は自然とひかり屋さんへ・・・って、ファッ!?ちょwwwHIKARIYAが、UNAGIYAに!?www

 なので、大阪焼肉・ホルモンふたごという焼肉屋に向かいました。皿からはみ出るほどのカルビが売り。




 すっかり食べすぎてしまい、これは私が四次元ポケットから「目でピーナッツかみき」を出す日も近いかもしれません。